So-net無料ブログ作成

話題の出来事・イベントニュース2018

2018年に日本各地である四季折々のイベントや行事,気になる話題について、すぐにでも行きたくなるように紹介していきます!!

 

2014年ブラジルW杯、イケメンを探せ!!(part2) [ワールドカップ]

前回に引き続き、お気に入りのイケメンサッカー選手をみつけて、サッカーに興味を持って頂くために『2014年ブラジルW杯、イケメンを探せ!!(part2)』というタイトルで記事を書きたいと思います。

さて、今日はグループリーグの中で『ウラ・死の組』(私の独断と偏見ですけど(笑))とも呼び声の高いグループBの中から釘づけになって試合日程を毎日のように新聞やテレビをチェックしてしまうようになるイケメンサッカー選手を紹介したいと思います。


スポンサーリンク





まず、『死の組』というのは、どういう意味?なのって思っている方もいると思いますので、取り敢えず説明したいと思います。

『死の組(Group Of Death)』は、スポーツで用いられる言葉の一つで、主に競技で決勝進出枠を獲得するためグループリーグや予選が行われるのですが、そのグループを決めるために抽選の結果、特定のグループに有力国候補に挙げられている強豪チームが決勝進出可能のチーム数より多くエントリされている状態を『死の組』と呼ばれています。非公式用語なのですが、サッカー選手や関係者、マスコミ等に知られてから、慣用句として世界中で用いられるよなっています。それは、FIFAのW杯本大会で初めて用いられ事がきっかけにもなっているようです。
サッカー以外にも色々なスポーツ競技でも使われますが、特にサッカーで使用されています。

死の組では、1チームもしくは2チーム以上の強豪がグループリーグ敗退に終わるため、抽選でグループリーグの行方は目を離せないものになっています。
サポーターは自分の国が少しでも格上の強豪国が同じ組に入ると「死の組」という単語を用ているようですが、どこの国も『自分の国が最も厳しい死の組に入ってしまった』と思っているのは、間違いない筈です。

『死の組』は元をたどれば、1958年スウェーデンW杯の時に地元のメディア関係者が「巨人の戦い」と使ったことが起源だと言われています。
スウェーデンW杯のグループ4は、当時(今でもだと・・・)強豪と言われていたブラジル、イングランド、ソビエト連邦、オーストリアが組み込まれた。ブラジルが首位で決勝トーナメントに進出を決めた後、ソビエト連邦とイングランドが勝ち点・得失点差・得点・失点・当該国間の対戦成績のすべてで並んだためにプレーオフが開催された時に、『巨人の戦い』という言葉を用い、『死の組』と表現されたはじめたのは、1970年メキシコW杯から世界中で繰り返し使われるようになったそうです。

早速、2104年ブラジルW杯の『ウラ・死の組』はグループBの中からイケメン選手を探して紹介したいと思います。

今大会のグループBは以下のとおりりすよ。

グループB
・スペイン
・オランダ
・チリ
・オーストラリア

どう思いますか!
『ウラ・死の組』だと思いませんか?ウラということは、表の死の組もあるということですが、それはおいおいとブログにアップしていきたいと思っています。

スペイン.png

・スペインは、2010年南アフリカW杯で優勝した国であり、FIFAランキング1位強豪国で日本では、『無敵艦隊』の愛称で呼ばれています。『無敵艦隊』と呼ばれるようになったのは、歴史的な背景からと言われています。スペインは昔、海戦が強い国でした。無敵艦隊とは当時それを破ったイングランド人が皮肉って呼んだということらしです。こう呼ばれるようになったのは1998年フランスW杯の時とも言われています。
実は、無敵艦隊と呼ばれるようになったもう一つ、説があるようです。
これは、スペイン代表チームは、有名な選手を集めて何度も優勝するであろうと言われているにも関わらず、あれっ!?負けちゃった・・・とグループリーグで敗退していることを皮肉ているとも言われているようですが、どちらも有力で頷けるような説だと思います。

でも、こんなこと言いながら、実はスペイン代表チームにはイケメンが、ゴーロゴロ!!
目移りして仕方がないんですよ。あっ、言っておきますけど独断と偏見ですからね、ご意見は受付けませんのでお気を付けください(笑)

ダビド シルバ

シルバ2.png

生年月日:1986年1月8日(現在28歳)
身長:170㎝
体重:67Kg
所属チーム:マンチェスター・シティ
背番号:21
ポジション:MF/FW
利き足:左

スペイン代表の天才レフティーでボールタッチが軽くて、スルスルスルと相手のマーク外し、コースが開けば、強烈なシュートが左足から放つ華麗なプレイが魅力的です。
実は、私はシルバの大ファンなんですよ。UEAF EURO2008から目をつけていたんですよね。このとき、シルバ、セスク、シャビ、イニエスタと4人で組む中盤を「クアトロ・フゴーネス(4人の塑創造者たち)」と呼ばれていました。2014年ブラジルW杯にもこの4人が死守する黄金の中盤姿が観れる筈です。

シルバ.png

絶対に日本女性はシルバのファンになると思いますよ。笑顔がステキですし、何となく親近感を覚えるようなルックスです。しかも、スペイン代表はフェアプレイ賞をもらうほど、サッカープレイが美しいと言えます。
実は、シルバの母親は日系人なのです。ですから何となく日本人の雰囲気も持っているのも分かります。

まだ、いますよ~スペイン代表チームにイケメンが!!

ダビド ビジャ

ビシャ1.png

生年月日:1981年12月3日(現在33歳)
身長:175㎝
体重:69Kg
所属チーム:アトレティコ・マドリード
背番号:9
ポジション:FW
利き足:右

ビジャは、スペイン代表歴代最多得点記録の保持者です!ストライカーでゴールを前にするとDFを巧みにかわしながら、キーパーの視覚へとシュートを何事もなかったかのように流し込んでいく姿は、美しいです。ベテランなのでスペイン代表で大きな存在になるはずです。
2010年南アフリカW杯では、5得点を獲り、得点王に輝いています。
ビジャも前大会のW杯からイケメンだな~と思って注目ていました。年齢を重ねてもイケメンはイケメンですねぇ。
今朝(2014年6月25日、日本時間)にUEFAチャンピオンズリーグでマドリード・ダービーで惜しくも、レアル・マドリードに惜敗してしまったアトレチコ・マドリードで現在も活躍中です。

ビシャ.png

ビジャは、4歳の時に大腿骨に重傷を負って、医者にサッカーはできないと言われていたが無事に完治し、後遺症も残っていないということです。もし、医者の言うとおりにサッカーを辞めていたら、今のビジャはいないし、当時リハビリ中に父親と左足で練習を続けていたので、両足を巧みに使えるようになったとビジャ自身が述べている通りのストライカーに成長していっています。

どんどん行きますよ!

ジェラール ピケ

ピケ.png

生年月日:1987年2月2日(現在27歳)
身長:192㎝
体重:85Kg
所属チーム:FCバルセロナ
背番号:3
ポジション:DF(CF)
利き足:右

ピケ1.png

ピケは、センターバックとして重要なかなめになっている選手で見た目は勿論、性格までイケメンです。練習中に手を振ってピケの名前を呼ぶ少年に気づき、ピケは少年の方へ向かって近づいていき、歩きながらユニホームを脱ぎ、その少年にユニホームをプレゼントしたという逸話もあるほどのイケメンです。
甘いマスクとは言えないですが、身長が高く、頼りがいのある素敵な選手です。
そして、何と!ピケの祖父はFCバルセロナの副会長ということで、お坊ちゃまなんですよね~。


スポンサーリンク





イケル・カシージャス

カシージャス.png

生年月日:1981年5月20日(現在33歳)
身長:183㎝
体重:84Kg
所属チーム:レアル・マドリード
背番号:1
ポジション:GK
利き足:左

カシージャス1.png

カシージャスは、GKの中ではあまり大きくない方ですが、反射神経が良く「聖イケル」と言われるほどでスペイン代表のイケメン守護神です。
しかも、1対1に強く「世界最高のGK」と呼び声が高い。が、しかし、カシージャスは与えられた仕事に対する責任感の強さといつでも謙虚である姿勢は、世界最高のGKと呼ぶにふさわしい選手だけでく人間性も高く評価しているということです。イケメンはどこまでもイケメンなんですね。
実は、カシージャスは、プライベートでも国際連合の親善大使を務めており、社会奉仕活動に尽力をしているということです。

いや~、スペイン代表はイケメン揃いで誰を選んでいいのか、迷ってしまって困っちゃいました。私のど真ん中のタイプの選手ばかりで、しかも、スペインへ旅行に行った時にお茶目で思いっきり笑っている人ばかりだった気がして、大好きな国のうちの一つなのです。ということで、スペインは一押しです!!

・オランダ
オランダは、ガリバー旅行記のガリバーのモデルと言われているオランダ人ですが、確かに大きい人が多くて私がオランダに行った時は、宇宙人に捕まえられた日本人のような悲しい写真が今でも残っていますが、私は特にスモール・ジャパニーズの最後の世代なので「ちっちぇ~」って自分でも思いますし、顔もデッカイ私です(涙)
オランダ人は身体も大きいですが、サッカーのプレイスタイルは細かくパスをつないで緻密なサッカーですよね。日本人が大きいと細かいサッカーができないのは何故なのでしょうかね?
オランダ代表と言えば、すぐに思い出すのが、スナイデル。
日本代表でインテルで活躍している長友佑都と同僚だった時は、いつもスナイデルに長友がいじられていた印象が特に強く、かわいがられていたんだと思いますよ、スナイデルに。

オランダ代表でイケメンを探してみました!
私の好みの選手は・・・うーん、いない。
でも、ちょっと気になるのが暴れん坊の選手なのですが、ピッチ以外でもどうやら暴れているらしく、警察にも度々お世話になっている選手なのですが。

ロビン ファン ペルシー

ペルシー.png

生年月日:1983年8月6日(現在30歳)
身長:183㎝
体重:71Kg
所属チーム:マンチェスター・ユナイテッド
背番号:20
ポジション:FW
利き足:左

ペルシーは、オランダの絶対的エースで9試合で11得点を記録するほどで、攻撃の起点となっている選手です。日本代表の香川真司とチームメイトで、オランダのフェイエノールトでは、小野伸二とチームメイトだったということで、日本と関わりが多い選手とも言えます。
フェイエノールトでは、チーム内でよくもめ事を起こす常習犯、アーセナルに移籍後は高級車で度々交通事故を起こしたり、婦女暴行事件を起こしたりして素行の悪さでトップチームへの定着ができなかったらしいです。奥様も子供もいるってのにね。

・チリ
実は、チリのサッカースタイルを良く知らないのですが、南米に位置するチリは、地震とワインって感じなのですが、アルゼンチンついで、ゴール数を上げるなど運動量がハンパなく多くしつこいプレッシングとポジションチェンジを多用して、目まぐるしく動く攻撃的サッカーをするようです。そのチリですが、やっぱりサッカー選手を知らないので、早速イケメンを探せ!と代表選手に選ばれた人を一人一人チェックしていきましたら、いました!!!

マティアス・フェルナンデス

マティス.png

生年月日:1986年5月15日(現在28歳)
身長:178㎝
体重:75Kg
所属チーム:ACFフィオレンティーナ
背番号:14
ポジション:MF
利き足:右

フィオレンティーナで活躍しているフェルナンデスです。
10代の頃、チリで最優秀選手として知られており、18歳でプロデビューを果たしています。また、20歳で南米年間最優秀選手賞を手にした天才MFです。
父親はチリ人、母親はアルゼンチン人で、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス郊外で生まれ、4歳の時にチリに移住しているため、マティアスは自身をチリ人であると公言。
チリのサッカーを早く観てみたいです。

最後、トリを飾るのはアジア枠

・オーストラリア
平均身長が高く、アジア予選の際には日本代表もかなり苦戦を強いられていましたが、Jリーグで活躍中のケネディもいます。空中戦を得意としているサッカースタイルです。オーストラリアと言えば、ラグビーがメジャーなスポーツですがサッカーも強くなってきているので、アジア枠には入ってほくないと内心思っているのですが・・・オーストラリア代表のイケメンはこの人です!

マシュー・スピラノビッチ

マシュー.png

生年月日:1988年6月27日(現在25歳)
身長:193㎝
体重:87Kg
所属チーム:ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC
背番号:13
ポジション:DF
利き足:右


スポンサーリンク





実は、浦和レッズに所属していたことがあるスピラノビッチなので、日本でもご存知の方も多いかと思いますが、浦和レッズのアジワ枠選手で史上初だったということです。
身長も高く、空中で粘りの強さがあり、ヘディングも強く攻守の両面でスピラノビッチの素晴らしい部分が発揮されているので、攻撃のきっかけを作る選手と言える選手です。
日本人女性が好きなタイプの甘いマスクを持った選手なので、きっとW杯でますますファンが増えること間違いなしだと思います。

ということで、今回は、2014年ブラジルW杯のグルーブBからイケメンを探してご紹介いたしました。あと開幕まで18日ですよ!!

共通テーマ:スポーツ